ありえない方法でガラス・鏡が綺麗に。

一般的に水垢を落とすには、ダイヤモンドパッドを使用して研磨する方法と、酸性洗剤やケミカル剤を使う方法がありますが

親水性フィルム ダイヤモンドパッド 酸性洗剤
傷がつくリスク なし あり 酸焼け・白化
コスト ×

※弊社が施工に使用している親水性フィルムには、専用洗浄液があり日常清掃が容易です。


・ダイヤモンドパットを使用して研磨作業をすると、やり方によってはガラスや鏡に傷がついてしまいます。

・酸性洗剤やケミカル剤を使用して作業をすると、ガラスや鏡を酸で焼いてしまう(酸焼け)可能性があります。

親水性フィルムは、研磨に比べてコストが低く、簡単な清掃によって長持ちさせることが可能です。さらに傷つくリスクがないため安心してお任せいただけるかと思います。

 最近では他業者様より、不慮の事故による傷や、建物の外壁を洗った数日後”窓ガラスなどに水の垂れた跡が白くなって残っており、洗っても落ちないがどうにかならないか?”との問い合わせが増えています。

ご相談いただければ、出来るだけ近い状態に戻せる方法で対応させていただきます。

 

 

温泉によって水垢の付き方が違う?


温泉によって水垢の付く量や頑固さが全くと言っていいほど違います。主に、温泉成分表に記載されているカルシウムイオンやナトリウムイオンが大きく関係しています。フィルムで対応することで、日常清掃も簡単になります。

 

 

地域別に水垢の発生率が違う?


水道水に含まれているミネラル成分が多いと、その分水垢も付着しやすい傾向にあります。このミネラル成分がどれだけ含まれるのかは、各地域の水道水の水源地によって変わります。例えば、地下水を水源にしている地域の水道水は、ミネラル成分が多いと考えられます。
 火山灰が堆積した土壌の地域なども頑固な水垢が堆積しやすくなります。また、様々なミネラル成分が含まれている温泉では複雑で頑固な水垢が堆積しやすくなります。

 白いうろこ状の水垢だけではなく、鉄分が含まれていて茶褐色のような水垢汚れができる場合もあります。

 

      

 

 水垢と湯垢の違いについて