床の滑り止め施工後、維持する為の知識がどれだけあるかで・・・

 床の滑り止めを施工させて頂いたり現場調査、テスト施工の段階でもどれだけ持ちますかと必ず聞かれます。そこで、必ずさせて頂く返答は、どれだけ持つのではなくどれだけ持たせたいのですか?それには日常の清掃をどのようにしたらよいか、どんな洗剤を使用したらよいか等わかっていますか?それをわかって毎日清掃していますか?また、業者様が入っているなら清掃のやり方を把握し、どうしたら維持できるか説明をしてもらっていますか?と聞くと答えが返ってきません。

メンテナンス業者様は、高圧洗浄機を使用したら綺麗になると思っている方が多いようで施設の方も業者さんは高圧洗浄機だけで清掃していますと言います。実は、このような清掃方法はメンテナンスの知識もなく勉強もしていないので床の滑り止めの維持どころか、施設の清潔さ綺麗さの維持も出来ません。

 弊社は、滑り止めなどの施工をするだけでなく、その後の維持管理も施設様により異なるので施設様の温泉成分、利用される人数、年齢等必要な情報を頂き、それをもとに場所ごとに最善の維持管理方法を考えご提案させて頂き、施設様やメンテナンス業者様が出来ない事は、請負させて頂き維持する方法もございます。

 特に、温泉を使用されている施設様のお風呂は、簡単に綺麗な状態を維持出来ません。先ず、水の事、石やタイルの事、汚れの種類、原因などがわかっていなければ綺麗にする事も維持する事も出来ません。温泉成分の何が汚れに影響しどうすれば汚れを落とせるのか等、基本的な事が重要なので、そのようなことが理解できていなければ維持管理も出来ず滑り止めの施工も完全には出来ないです。なんとなく滑りが止まってますよねって事ぐらいは、どの業者様でも出来ると思います(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です