建築に使用される天然石材は、大きく『火成岩・変成岩・堆積岩』の3つに分類されます。
‎火成岩は、地中のマグマが冷えて固まってできる岩石。 地表からの深さによって、深成岩と火山岩に分類できます。 変成岩は、岩石が熱や圧力などにより再結晶化してできた岩石。 堆積岩は、水や風によって砂や土、動物などの死骸が堆積してできた岩石です。‎

地表からの深さによって、深成岩と火山岩に分類できます。

  •  マグマが地中で冷却して結晶化した岩石
  •  冷却される深さで分類
  •  耐薬品性が高い
  •  硬度が高く摩耗に強い
  •  花崗岩は御影石とも呼ばれている

 

  •  既存の石が熱や圧力などにより再結晶化した岩石
  •  酸による影響を受けやすく外部使用は避けたほうが良い
  •  スレートは節理が発達し大板が取れない

 

  •  堆積によって形成した岩石のため熱による結晶化がされていない
  •  主成分は、石灰岩は炭酸カルシウム、砂岩は砂や土など、凝灰岩は火山灰などとなっている

 

 

 

床材の代表的な仕上げを紹介します。

同じ石でも、研磨の仕方によって質感や印象が大きく変わります。

 

01  /  本 磨 き

表面を鏡のようになるまで磨き上げます。天然石本来の色と光沢が出る代表的な仕上です。その美しさから床や壁、棚、コーナートップなど様々な場所に用いられますが、滑りやすいので注意が必要です。

 

02  /  ジ ェ ッ ト バ ー ナ ー

表面に火をあてて粗面にする仕上です。磨きの仕上よりも色を抑えて表現できます。表面が毛羽立つため、滑り止め効果が高く、自然な岩肌を思わせるところから、人気のあります。

 

03  /  ビ シ ャ ン

ビシャンというのピラミッド型の刃を群状にしたハンマーで表面を平らにたたきあげる仕上げです。自然の風合いを出す粗面の仕上です。

 

04  /  小 叩 き

ビシャンでたたいた後に、さらに先端がくさび状のハンマーで、約2ミリの平行線上に細かい粒の刻み目をつけた仕上げです。きめ細かな表情は、上質なイメージを持ち、屋内・屋外と幅広い用途があります。滑り止め効果もあります。

 

05  /  ノ ミ 切 り

挽板面をノミで削り、斫り面状に凹凸感を出す仕上です。石肌にノミの跡が残り、変化に富んだ味わい深い仕上がりが楽しめます。

 

06  /  割 肌

石を人工的に衝撃を加えて割った、そのままの表面仕上げです。割ったままの自然な表情は、味わい深い素朴さが特徴です。石材によっては面白い表情も期待でき、加工では表現できない風合いがあります。

 

滑りにくい仕上げでも、条件・状況によってはとても滑りやすくなります。特に温泉・浴場では、どの仕上げでも滑り止めが必須になります。