これって何年持つの?

必ずいただく質問です。「10年は持ちます」と回答できればいいのですが、軽々しく年数を明言することはできません。効果が続く長さは、メンテナンス状況、敷設状況などの条件により変わります。

 

ここでは、防滑効果の持続について説明します。

防滑施工したのに、滑りが発生する理由

床内部への汚れの滞留

 

 

どんな床でも微細な隙間が存在します。隙間が広い・多い床材は「吸水性が高い」(大理石など)、逆に隙間が狭い・少ない床材は「吸水性が低い」(セラミックタイルなど)と表現されます。吸水性が高い床材は滑りにくく、吸水性が低い床材は滑りやすい傾向にあります。

防滑施工により、床材の微細な隙間を広げることで、床材は施工前より水などの通りがよくなります。その隙間に、目に見えないミクロレベルの埃、油脂などが入っていきます。防滑施工後の滑りは、それらが滞留し目詰まりすることが原因で起こります。

 

不十分なメンテンナンス

床内部への汚れの滞留を引き起こす主な原因は、メンテナンスにあります。

この現場に適した洗剤は?この初歩的な質問に答えられないと、防滑効果を維持することは難しいと言えます。床材、環境、状況に合ったメンテナンスは、効果持続の生命線です。

-施工後に重要なこと

  ・現場の床材や汚れの種類を知る

  ・使用する適正な洗剤、濃度を知る

  ・清掃頻度、日常・定期清掃のルーティーン化

これらは滑り止め施工後にとても重要ですが、意外とできていないケースが多いです。

防滑性能の維持するためにやることはとてもシンプル。継続が大切です。

 

「10年もちます!」と言いきりたいところですが…施工後はメンテナンスにより「何年持たせるか」が重要です。

防滑施工において、お客様の安全・安心が1番重要です。同時に、長期間効果を維持することも重要となります。効果が何年維持できるかは、特にメンテナンスの状況によって大きく変わります。ですので、最初にしっかりとした打ち合わせをさせていただき、適切なメンテナンス方法をご提案させていただきます。

防滑施工後は、「どう持続させるか?」が重要になります。滑り止め業者の経験と知識を生かしたメンテナンス方法をお伝えいたしますので、ぜひご活用ください。

 

弊社では、長く安全安心を維持していただくために、以下のプロセスを経たフォローをさせていただいています。

現状把握とヒヤリング

必ず、施工前に現場の状況をヒヤリングをさせていただいています。
例えば、温泉浴場であれば「温泉分析書」を見ながらいくつか質問をさせていただきます。

基本的な質問

・床の材質は何か?

・日常清掃をどうしているか?

・床面状態はどうか?

・使っている洗剤は何か(PH)?

・清掃に使っている道具は?

・定期清掃はあるのかないのか(頻度なども)?

一日の入浴者は平均何人くらいか?  など…

弊社は、自信と責任をもって施工させていただいています施工時の防滑効果はもちろん、施工後の維持まで責任があります。コミュニケーションは品質を決めるくらいに重要。コミュニケーションを大切に安心と安全を作り上げていきます。

 

・汚れの種類、床材・環境に合った洗剤の使い分けを知る。

例えば、浴場施設とショッピングモールでは、除去すべき油脂成分が違います。よって、使用する洗剤のPHレベルも大きく変化させる必要があります。床材の吸水性を始めとするそれぞれの特徴・特性によっても、床内に滞留する油脂、汚れの量も変わります。

まず床材を知る。そして、現場に付着・滞留する汚れを種類を知る必要があります。そのためには、防滑処理したスペースだけでなく、汚れの持込要因となる周辺環境(タイル、アスファルト、コンクリート、インターロッキング、植栽など)も考慮に入れることになります。

また、モルタルの灰汁など、アルカリ性物質が発生したり、滞留した油脂成分が酸化したりします。ですので、使う洗剤も酸系/アルカリ系と使い分けが必要になります。

集客施設やマンションなどは、歩行頻度や周辺部に樹木等があるか否か、晴天時、雨天時によっても違いが出てきます。

 

・メンテナンスマニュアルをつくりPDCAサイクルを回す

弊社のメンテンナンスマニュアルに準じた多くの現場では、防滑性能5〜10年の維持実績があります

これらの情報を元に、弊社では防滑施工後のメンテナンスマニュアルを発行しています。グリップ力を低下させる原因、発生する汚れの種類、具体的な洗剤、メンテナンス頻度・方法まで、その現場・体制に合ったマニュアルを作成・提案し、維持に努めています。