頑固な水垢を綺麗に。

水垢を落とすには、研磨する方法と酸性洗剤やケミカル剤を使う方法があります。

・一般的には、研磨作業をするのにダイヤモンドパットを使用して水垢を落とす作業をしますが、やり方によってはガラスや鏡に傷がついてしまうという事があります。

・また、酸性洗剤やケミカル剤を使用してガラスや鏡を酸で焼いてしまう(酸焼け)事があります。(酸焼けするとガラスや鏡が白く濁ってしまいます。)

 弊社に上記のような内容の問い合わせが多くあります。お問い合わせいただければ、特殊な研磨剤、パットを使用してガラスや鏡に傷をつける事なく、水垢を除去致します。

 最近では他業者様より、建物の外壁を洗った数日後、”窓ガラスなどに水の垂れた跡が白くなって残っており、洗っても落ちないがどうにかならないか?”との問い合わせが増えています。これは、外壁を洗った酸性洗剤の洗浄水がガラスに残留し、酸焼けを起こしてしまっています。

弊社といたしましては、出来るだけ安価で元に近い状態に戻せる方法を選択し、対応させて頂いております。

 

頑固な水垢が作られるメカニズム

 普段皆さんが使っている水道水には、カルシウムマグネシウムといったミネラル成分が含まれています。  水が乾燥するとミネラル成分だけが残るのですが、濡れたり乾いたりを繰り返すことでそれらが蓄積し、やがて水垢になります。

地域別に水垢の発生率が違う?

 水道水に含まれているミネラル成分が多いと、その分水垢も付着しやすい傾向にあります。このミネラル成分がどれだけ含まれるのかは、各地域の水道水の水源地によって変わります。例えば、地下水を水源にしている地域の水道水は、ミネラル成分が多いと考えられます。
 火山灰が堆積した土壌の地域なども頑固な水垢が堆積しやすくなります。また、様々なミネラル成分が含まれている温泉では複雑で頑固な水垢が堆積しやすくなります。

 白いうろこ状の水垢だけではなく、鉄分が含まれていて茶褐色のような水垢汚れができる場合もあります。

 

               

 

水垢と湯垢の違いについて☜

 

お見積り無料!テスト施工無料!

施工実績はこちら☜