コンビニやドラッグストア、商業施設など、水が使えない場所に最適なセラミックタイルの滑り止め!

安全にしっかりと滑りを止めます。

※大理石も同様の工法で滑り止めが可能です。

近年、セラミックタイルは防汚性、耐久性、高級感、反射率の高さなどから多くの施設や店舗で採用されています。しかし、セラミックタイルは濡れると滑りやすいという問題が顕著になっています。

○雨が降ると、濡れた店内の床でツルッと滑りかけた

○設置しているマット先の床面が滑ることがある

○滑る要素がない想定外の場所で、滑りが発生する

 

滑りを止めることはどこの業者も可能です。しかし、光沢・景観を損なわず防滑施工をできる業者はほとんどいません。

美しい光沢を100%近く残しつつ滑りをピタッと止めるには、現在市場に出回る滑り止め溶剤では対応できません。現在の市場に出回っている溶剤は10年近く前から進化していません。しかし、弊社が使用している溶剤は他業者には公開されておらず、近年も進化しています。

現在主流になっている磨きのセラミックタイルは、安価に製造販売する為にコーティングを施している類似品です。見た目は本磨きのセラミックタイルと見分けがつかない中国製です。

しかし、コーティングを施されたセラミックタイルは他業者では滑り止め施工が出来ません。理由は、施工溶剤がコーティングに弾かれてタイルに入らないためです。

弊社では、世界でセーフティグループのみ使用・販売しているコーティングの上から施工可能な溶剤まで揃えているので施工が可能です。(販売に関してはお問い合わせください。

 

 

 

コーテイングを剥離すれば滑り止めは出来るが、本磨きとはほど遠い美観になります。 

コーティング済みタイルは、これまでの技術では滑り止め施工が不可能な床材です。

さらに問題なのが、仕入れの時点で本磨き(高価・本物)かシリコンコーティング(安価・類似品)かどうか、一般では判断できない点です。防滑施工(滑り止め)時に初めて判明するケースもあります。

(シリコンコーテイングされた中国製セラミックタイルは安価な為、急速に日本中の施設や店舗に広がっています。)

 

溶剤販売に関してはお問い合わせください。

歩いた人だけが分かる。

 

LINEでのお問い合わせはこちらから!!