温泉では滑り止め施工、日常清掃、美観維持に、非解離成分量が重要なのを知っていますか?

温泉の現場ではあるものが影響を及ぼし・・・。例の非解離成分の問題です。温泉成分のメタケイ酸・メタホウ酸・メタアヒ酸なるものに滑り止めの行く手を阻まれます。床が滑る原因ではないのですが、滑り止め施工や日常清掃、美観の維持に凄く影響します。

防滑業者やメンテナンス業者でも、気にしていないのか?知らないのか?質問しても答えが返ってきません(-_-;)

非解離成分の3種の成分の総数量が分析量の○○%を超えると滑り止めの溶剤が反応しない?のです。塩酸の35%を落としても泡ひとつ出ません。さて、どうしたものか?・・・

弊社はこの問題に関して解決済なので、滑りの問題、汚れの問題にも対応致します。

 

これが、メタケイ酸の影響で汚れ(エフロ)が取れない。

これは、弊社が汚れを除去した後、コーティングを施工。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です